道路雪氷対策の最適なソリューションを提供する山田技研株式会社

製品情報

車載式塩分濃度システム

車載式塩分濃度システム

巡回⾞による⾛⾏のみで路⾯上の凍結防⽌剤の状況を把握
雪氷作業の効率化、安全確保、時間短縮が実現

⾞両⾛⾏しながら路⾯上の凍結防⽌剤の残留塩分濃度(塩分濃度センサ)と路温(路⾯温度センサ)を測定することにより、路⾯情報を路線情報(リモートセンシング)として把握できます。
測定した路温と路⾯上の残留塩分濃度を線的・自動・リアルタイムに測定・可視化するとともに、凍結防⽌に必要な塩分濃度も算出、 凍結防⽌剤散布作業の最適化と剤散布量の削減 (コスト及び塩害低減)をサポートします。

車載式塩分濃度センサ

製品特徴・メリット

[ 車載式により必要に応じたタイミングで長い路線の計測が可能 ]

主な特徴

  • 手持ち式センサによる点情報ではなく、車載式であるため線的な計測が可能
  • ⾞載専⽤設計により計測者の安全を確保(⾞外測定の必要がない)
  • 専⽤ソフトで状況を分かりやすく記録、閲覧ができる
詳しい特徴
  • ⾞載式であるため⾞両停⽌や⾞外測定の必要がない
  • 凍結防⽌剤の測定作業の安全性と作業効率の向上に寄与
  • 計測した塩分濃度・路温データにより、効率的な凍結防⽌剤散布作業が可能

システム構成

[ システム構成 ]

塩分濃度管理ソフト リアルタイム表⽰例

[ 塩分濃度管理ソフト リアルタイム表⽰例 ]


機能について

車載式塩分濃度システムの機能
  • ⾞載式により、リアルタイム(1秒単位)に計測
  • 計測データは⾞内表⽰と共に、伝送装置により遠隔モニタリング
  • 凍結防止剤の追加散布作業に計測データを利⽤

[ 塩分濃度管理ソフト ]

[ リアルタイム画⾯(動画) ]

[ センサ動作(動画) ]


納入実績

納入実績:
国⼟交通省、NEXCO東⽇本、NEXCO中⽇本、NEXCO⻄⽇本

納入実績一覧を見る


製品仕様

製品仕様については、以下の仕様書にてご確認ください。

ダウンロード
製品写真

製品写真

モニタ表示例

注意事項

・測定には⽔分が必要です。乾燥路⾯や積雪路⾯などタイヤ跳ね上げ⽔が不⾜する場合、計測不可となります。


よくある質問

塩化ナトリウム(NaCl)以外の測定は?

答えを見る

測定可能種類は以下の通りです。
塩化ナトリウム(NaCl)、塩化カルシウム(CaCl2)、塩化マグネシウム(MgCl2)。

排水性(高機能)舗装での測定は?

答えを見る

測定可能な水分量をタイヤが跳ね上げた場合、測定可能です。

密粒舗装でも水分跳ね上げが少ない場合は測定できないケースがあります。

雪氷期間外の保管は?

答えを見る

濃度センサ部は保護と点検を兼ねて車両から取り外します。

Page TOP